【一宮】登録済み未使用車とは何か?

【一宮】登録済み未使用車について知る

自動車の購入を検討する際、新車や中古車の他におすすめの選択肢は登録済み未使用車です。
具体的にイメージしにくいかもしれませんが、「未使用車」「新古車」といえば想像が付きやすいでしょうか。あまり馴染みのない登録済み未使用車の基本知識やメリット・デメリット、注意点を解説します。理解を深め、一宮で自分にぴったりの1台を選びましょう。

【一宮】登録済み未使用車とはどんな車?

こちらでは、車を購入前に知っておきたい登録済み未使用車の入門編としての知識をご紹介します。基本知識を学び、大切な車選びを成功させましょう。

【一宮】登録済み未使用車とは?

ボタン付きのカギ
登録済み未使用車とは?

「登録済み未使用車(届出済未使用車)」を端的に説明すると「陸運局に登録を済ませたものの、実際はあまり使用されていない車」を指します。通常では「新古車」「未使用車」と呼ばれることが多いです。
この定義は普通自動車だけでなく、軽自動車にも当てはまります。呼称に「未使用」や「新」が付くと登録済み未使用車は一見、新車のように思われますが分類上では中古車にカテゴライズされます。

登録済み未使用車はなぜ発生する?

登録済み未使用車が発生するからくりには、「ディーラーの販売実績」が深く関係しています。前提知識として、自動車業界では「車の販売=陸運局への登録」という認識があります。
したがって車の販売数を伸ばす手段として、購入した車を陸運局に登録を済ませる必要があります。

そういった業界独自の背景をもとに自社のセールス実績を伸ばすため、ディーラー側は自社の名義で車を購入し陸運局に登録を行います。登録台数=販売実績ですから、ディーラーが営業ノルマをクリアするためにはとても役立ちます。

登録後は、ディーラーの店頭でディスプレイされたり、試乗車として扱われたりすることがほとんどであまり公道を走りません。したがって、登録済み未使用車は中古車とはいえ走行距離は数十㎞以内に収まっており、車体自体の劣化が少ないのが特徴です。

ディーラーの店頭を見ると、TVコマーシャルで人気の軽自動車がディスプレイされている光景をよく見かけます。人気で売れ行きがよい軽自動車を販売実績として先に購入し、展示を経て通常より安い価格で販売するケースは決して珍しくはありません。

多く流通する登録済み未使用車ですが、ディーラーサイドとしてはなるべく早く売ってしまいたいと考えています。その理由は、たとえ店舗に展示するだけでも車にはコンスタントにメンテナンスが必要で、長く置いておけば置くほどメンテナンスのコストがかさむからです。ですから、保守・管理のための費用や在庫削減のため登録済み未使用車が続々と売りに出されます。

「新古車」「未使用車」との違いについて

一般的に使用される「新古車」「未使用車」の表示は正式名称ではありませんので注意が必要です。自動車公正取引協議会の「自動車公正競争規約集」によると「新古車」などの言い回しは中古車に該当する登録済み未使用車に対して「新しい」という印象を与えるため、中古自動車でないかのように誤認されるおそれがあると指摘があります。

ですから、自動車公正取引協議会の加盟店舗が登録済み未使用車を販売する際には「新古車」の表示が禁止されています。中古車ショップに行く際には、ぜひとも表示のされ方にも注目してみましょう。「新古車」という記載があるお店には気をつけることがポイントです。

【一宮】登録済み未使用車のメリット

未使用車のメリット

メリットは下記の2点です。

詳しく見ていきましょう。

格安で新車に近い製品が購入可能

メリットの一つとして挙げられるのが、「格安で新車に近い製品が購入できる」点です。登録済み未使用車は、ディーラーが販売実績のために購入した車ですから、あまり公道の走行は行われません。
仮に走行したとしても展示のために必要な最低限度の移動程度です。ですから走行距離は数十㎞程度となり、新品に近い状態で保管されています。

さらに登録済み未使用車は、ほぼ新車であるにも関わらず正規品に比べ格安で購入可能です。低価格の理由としてはディーラー側の事情が挙げられます。販売実績のために登録した未使用車も、展示を経て最終的に販売するためにはメンテナンスが欠かせません。

ですから登録済み未使用車は定期的に整備する必要があります。車のメンテナンスは、洗車やオイル交換、消耗品パーツの交換など多岐にわたりパーツ代も決して安くはありません。長く在庫として保管すればするだけメンテナンス費用がかかります。

ですからディーラー側としては車を在庫として持たず、早めに売ってしまいたいと考えています。そのため登録済み未使用車は、たとえ新車同様のスペックの車であったとしても、メンテナンス費用を削減し早く売るため正規品に比べ1割~2割程安く販売されています。

納車までがスピーディー

登録済み未使用車は、ディーラー名義で車検や陸運局の登録を済ませてあります。購入して名義変更を済ませてしまえば、すぐに一般公道を走行できます。

近年では新車の場合、人気の車種だと3ヶ月~半年待ちと契約から納車まで長期間待つ必要があります。しかし新車と比べ、登録済み未使用車は非常に納品までがスピーディーで約3日~1週間で納品されます。
早く車が必要な方にとって、登録済み未使用車の納車におけるスピード感はありがたいです。「早く車が必要。でも古い中古車は嫌」と考える人に登録済み未使用車はおすすめの選択肢です。

新車と登録済み未使用車の大きな違いは、「最初のオーナーが自分かディーラーか」という点のみです。登録者のこだわりがない方にとって、ほぼ新車で納車までが早い登録済み未使用車は非常にお得な買い物といえます。

【一宮】登録済み未使用車のデメリットと注意点

前項では登録済み未使用車を購入するメリットを2つご紹介しました。新車に近い状態の車に格安で乗れること、納車が早いことはとてもおすすめの条件ですが、デメリットもいくつか存在します。
購入してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために、あらかじめデメリットも認識して悔いのない車選びを進めていきましょう。

【一宮】登録済み未使用車のデメリット

未使用車のデメリット

登録済み未使用車のデメリットは下記4点です。

ものによっては次の車検までが短期間

先述した通り、登録済み未使用車は購入前に登録が済んでいます。そのため車検までの期間が短い場合があります。
例えば1年前にディーラーが購入した車をあなたが購入する場合、購入時には登録から1年が経過しています。ですから車検まで本来であれば3年ある期間が2年しかありません。
車検の費用は軽自動車でも8万円~と決して安くない金額ですから、1年の差は大きな金額になります。

補助金や減税が受けられない

登録済み未使用車は、新車に適用される補助金や各種減税、グリーン化特例等優遇が受けられません。
本体価格が安くとも、減税や補助金を考慮すると結果的に「新車のほうが安かった」となるケースもありますから、本体価格以外にも掛かる料金も併せて見積もりを行いましょう。

追加オプションが付けられない場合がある

登録済み未使用車は販売時に完成品であるため、新車のようにオプションをつけることが難しいです。
製造後に取り付けられるオプションであれば可能ですが、車体のカラーやグレードなど製造段階で決まってしまうオプションの場合は選択不可能ですから、理想の車がある方にとってはおすすめできません。

ワンオーナーでないため扱いは中古車

「新古車」と呼ばれてはいるものの、登録済み未使用車はあくまでも中古車の一種です。なぜなら最初のオーナーがディーラーで、あなたは2番目のオーナーとなるからです。
ちなみに新車の場合は、あなたが最初のオーナーですから「ワンオーナー」の扱いになります。

仮にあなたが登録済み未使用車を数年だけ乗って、すぐに下取りに出す際は「中古車」扱いとなり、査定額が下がることはあらかじめ認識しておきましょう。

【一宮】登録済み未使用車の注意点

未使用車の注意点

デメリットを踏まえ、登録済み未使用車を購入する際に気をつけたいポイントは以下の3点です。

確かに登録済み未使用車は購入時には新しい車を格安で買うことができます。しかし、新車購入に比べると車検までのスパンが短くなったり、カーナビやETCなどのオプションが付いていなかったりすることから、自分で追加購入する必要が出てきます。

また、完成品で販売されていることから、新車であれば自分で決められるグレードやカラー、デザインなどのオプションは変更できません。

軽自動車の登録済み未使用車を取り扱うお店は、ディーラーに併設された中古車コーナーや大手中古車販売店、登録済み未使用車専門店があります。

車両価格が安い店舗もおすすめですが、メンテナンスなど購入後も付き合いが続くことが多いので、営業スタッフの対応や、アフターサービス、保証の有無などにも確認が必須になります。
複数の車種を見積もりしてくれるなど、購入する側に立った提案をしてくれる店を選びましょう。

自動車は数年に一度の大きな買い物で、人によっては毎日使用するものですから、目先のお買い得感だけでなく、長い目で費用を考慮しじっくり検討することをおすすめします。

minic【ミニック】では登録済み未使用車の他に新車の取り扱いもありますので、スタッフに相談しながらじっくり選ぶことができます。

一宮で登録済み未使用車をお探しならminic【ミニック】へ

今回は登録済み未使用車の定義や長所、また購入する前に必ずチェックしておきたい短所について解説しました。登録済み未使用車はディーラーが販売実績をアップするために発生する中古車を指しており、スピーディーかつローコストでほぼ新車に乗れる嬉しい利点があります。

しかし反対に、名義がディーラーからだったりオプションや減税サービスが不可であったりすることが欠点として挙げられます。いいところ・わるいところも考慮しながら後悔のない車選びに努めましょう。

軽自動車の登録済み未使用車は専門ショップで購入すると、店舗スタッフの手厚いサポートを受けながら自分にぴったりの車選びができます。取り扱い豊富でサポートが手厚いminic【ミニック】はあなたの車選びを応援します。

一宮で登録済み未使用車をお探しなら minic【ミニック】

店舗名 軽未使用車専門店 ミニック
住所 〒491-0364 愛知県一宮市萩原町中島明屋敷34
電話番号 0586-69-3543
FAX 0586-69-3541
URL https://www.minic329.jp/
営業時間 平日/祝祭日:10:00〜19:00
定休日 毎週水曜日
古物商登録番号 愛知県公安委員会 第1012号

ページの上部へ戻る