【一宮】中古車を安く購入するコツ

【一宮】中古車選びに失敗しないためのポイント

中古車は新車よりも安く購入できるメリットがありますが、故障するリスクも高いため、中古車選びは慎重に行いましょう。以下では、中古車を安く購入するポイントや注意点、新車同様の登録済み未使用車についても紹介いたします。

一宮で中古車をお探しなら!安く購入するには?

軽自動車やワンボックスカー、ミニバンなどの中古車を格安で購入するためには、いくつか知っておくべきポイントがあります。以下では、中古車を安く購入する方法や注目するポイントについて詳しく見ていきましょう。

【一宮の中古車購入】安く買う方法

白い電卓と車

軽自動車やワンボックスカー、ミニバンなどの中古車を安く買う方法は以下の3つです。

安くなる時期に購入する

中古車の販売価格は3~5月に格安になるため、この時期を狙って購入すると車両代を安く抑えることができます。
販売価格が格安になる理由は、3~5月にかけて車の需要が低下するためです。この時期の中古車市場は供給過多となるため値段が下がりやすく、値引き交渉にも応じてもらいやすくなります。

諸費用を節約する

中古車を購入する際には、納車費用やクリーニング代などの様々な諸費用がかかります。車両の価格だけではなくこのような諸費用を節約すると、総合的にかかる費用を抑えることができます。
購入前に見積もり書を確認し、節約できそうな項目があれば販売店の担当者と相談して、諸費用を安くしてもらいましょう。

車のモデルに注目する

年式が古い車やモデルチェンジ前の車は格安で購入できることが多いです。売れ残りの多いカラーも狙い目となっています。需要が低いカラーの車は、ほかのカラーの車よりも販売価格が安い傾向にあるのでおすすめです。

【一宮の中古車購入】ポイント

中古車購入のポイント

中古車を購入する際には、以下5つのポイントに着目しましょう。

走行距離

走行距離が5~10万kmを超えている中古車は、販売価格が安い傾向にあります。走行距離の多さは車の質に直結していないので、走行距離が多くても質の高い車は数多く存在します。
車の質はメンテナンス状態によって異なるため、しっかりと管理が行き届いている車であれば走行距離の多い車であっても問題なく乗ることが可能です。

中古車のメンテナンスについては、定期点検整備記録簿で確認できます。走行距離が10万km以上の車は市場価値が低いため、次の買い替えの際には売値がつかない場合がほとんどですが、購入費用を大幅に抑えることができます。

保証

中古車は新車よりも故障するリスクが高いため、保証は必ずつけるようにしましょう。見た目に問題がない場合でも、いざ乗車してみると不具合や故障が発生するケースも少なくありません。
保証条件の対象内であれば、修理費用や部品交換代を保証してもらえます。

車体カラー

人気のないカラーの車は、格安で購入できる場合が多いためおすすめです。カラーの違いだけで50万円以上の差がつく場合もあります。日本ではモノトーンカラーが人気であるため、それ以外のカラーの車を選ぶと格安で購入できるでしょう。

装備やグレード

多くの装備がついている車やグレードの高い車は、販売価格が高い傾向にあります。装置の数やグレードの違いで数十万円の差がつく場合もあるため、必要最低限の装置でミドルグレード以下の車を選ぶと購入価格を安く抑えられるでしょう。
カーナビやバックモニターなどの装備は、後から購入して取り付けた方が安く済みます。

燃費

低燃費な車であるほど、販売価格が高くなる傾向にあります。低燃費車は、月々のガソリン代を抑えられるというメリットがあるため、選ばれやすい車です。しかし、実際は低燃費車の車体購入費に維持費をプラスした価格よりも、お得な車が数多く存在します。

そのため、トータルコストを考慮した際に、必ずしも低燃費車の方がお得になるわけではありません。車体の購入費と購入後にかかる維持費を計算してから購入するのがおすすめです。

一宮で中古車をお探しなら!購入する前の注意点

中古車は、年季が入っていたり走行距離が多かったりするため、新車よりも機能面や安全面などが劣ります。そのため、値段や外見だけで中古車を購入することはおすすめできません。以下では、中古車を購入する際の注意点や、登録済み未使用車についてご紹介します。

【一宮の中古車購入】注意点

中古車購入の注意点

中古車選びを失敗しないために、以下の点に注意するようにしましょう。

中古車価格の変動

中古車の価格は、需要と供給のバランス、ガソリンの値段などで変わります。中古車の販売価格は景気や流行、時期などでも変動するため、中古車の買い時を見極めるのは簡単ではありません。

例えば、新生活が始まる4月頃は通勤用の車として軽自動車を購入する人が増え、夏休みのような大型連休前はファミリー向け軽自動車やミニバン、ワンボックスカーなどの需要が高まります。ガソリン代が上がると、ハイブリッドカーや軽自動車の需要が高まり、販売価格が高くなります。

中古車をできるだけ安く購入したい場合には、できるだけ車の購入が多くなる時期を避けたりガソリン代が高くない時期を選んだりすることがおすすめです。

重大瑕疵のある中古車

修復歴車や冠水車、塩害車などの重大瑕疵のある中古車は、大きな損傷やダメージを受けている可能性が高いため避けるようにしましょう。
修復歴車は車の骨格部位に損傷があり、冠水車は異臭がしたり電装系に不具合があったりします。塩害車はへこみやサビなどがあるため注意が必要です。

しかし、このような車は修復されていて、外見では判断できない場合がほとんどなので、販売店の担当者に情報の公開を求めましょう。

販売店

中古車選びに失敗しないためには、販売店選びも非常に重要です。販売店は以下に注目して選ぶようにしましょう。

中古車の購入金額は、車体購入費に法定費用や販売店手数料などの諸経費をプラスした額です。車体額を安く売り出している販売店のなかには、かかる諸経費が不透明なところもあります。料金の内訳についての不明な点はしっかりと確認するようにしましょう。

また、車の状態についてしっかりとした説明がある販売店は、信用ができるでしょう。傷やメンテナンスの状態について濁してくる場合は、購入後のトラブルに繋がる恐れがあるため注意が必要です。

【一宮の中古車購入】登録済み未使用車なら!

登録済み未使用車
登録済み未使用車の特徴

登録済み未使用車とは、ナンバー登録のみが行われている未使用の車で、新古車とも呼ばれます。登録済み未使用車の特徴は以下の通りです。

登録済み未使用車の所有者はディーラーです。ディーラーは、メーカーから流れてきた未使用車をそのまま販売したり中古車オークションで仕入れた未使用車を点検して販売したりしています。

また、登録済み未使用車は主に販売目的に使用される車であるため、展示や試乗車として使われることが多く、最低限の移動しかしていないため、走行距離は新車とほぼ変わりません。

登録済み未使用車のメリット

登録済み未使用車の主なメリットは以下の3つです。

一度ナンバー登録された車は中古車扱いとなるため、新車よりも安く車体を購入することができます。販売店やディーラーによって販売価格は異なりますが、新車よりも1~2割程度お得に購入できる場合がほとんどです。

登録済み未使用車のほとんどは、自動車重量税や自動車税などの税金がすでに支払われているため、個人で負担する必要がありません。自賠責保険もディーラーによって支払われているため、税金や保険料を浮かせることができます。

また、登録済み未使用車は新車に比べて納車までの期間が早く、購入後すぐに乗ることができます。納車までの平均期間は、3~7日です。

登録済み未使用車のデメリット

登録済み未使用車にはメリットがある一方でデメリットもあります。

登録済み未使用車の所有者はディーラーであるため、購入後に名義変更を行うとツーオーナー車になります。ツーオーナー車はワンオーナー車よりも売却する際の値段が落ちてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

また、登録済み未使用車は新車に比べて流通量が多くありません。人気の車種はすぐに売り切れてしまうため、気に入った車が見つからない場合もあります。

新車の場合は、購入してから3年後に車検を行いますが、新品未使用車はナンバー登録されてから購入されるまでの期間も3年に含まれます。そのため、新車を購入する際よりも車検までの期間が短いというデメリットがあります。

登録済み未使用車をお探しの方は、minic【ミニック】の検索機能をご利用ください。

一宮で中古車をお探しならminic【ミニック】へ

軽自動車やミニバン、ワンボックスカーなどの中古車を安く購入するためには、時期やグレード、走行距離などに着目するとよいでしょう。使用済みの中古車選びに不安がある方や、中古車に抵抗がある方は、登録済み未使用車がおすすめです。

新車とほぼ変わらない状態の車両を、新車よりも安い値段で購入できます。minic【ミニック】では豊富な種類の登録済み未使用車を取りそろえているので、気軽にお問い合わせください。

宮の中古車販売店なら minic【ミニック】

店舗名 軽未使用車専門店 ミニック
住所 〒491-0364 愛知県一宮市萩原町中島明屋敷34
電話番号 0586-69-3543
FAX 0586-69-3541
URL https://www.minic329.jp/
営業時間 平日/祝祭日:10:00〜19:00
定休日 毎週水曜日
古物商登録番号 愛知県公安委員会 第1012号

ページの上部へ戻る