愛知で軽自動車を探すなら!中古車・未使用車・新車それぞれの違いとは?

軽自動車は、日本国内での新車販売台数のうち、3分の1以上を占めており、高い人気を誇っています。税金や維持費が安いことや日々の移動に使いやすいこともあり、愛知でも新車・中古車を問わず多くの車が出回っています。一口に軽自動車といっても、新車・未使用車・中古車があり、価格や車の状況に大きな違いがあります。ただ安いからといって中古車を選ぶと、頻繫にメンテナンスをする必要があったり、修理費がかかったりする可能性もあります。そこで重要になるのが、新車・未使用車・中古車のメリット・デメリットを知っておくことです。ここでは、愛知でも人気の高い軽自動車にスポットを当てて、新車・未使用車・中古車がそれぞれどういった車か、どのようなメリット・デメリットがあるのかを解説していきます。

愛知の未使用軽自動車店が教える!中古車の定義とは?

手のひらに乗ったミニカー

軽自動車を購入する際に新車を候補から除外する場合、中古車か未使用車のどちらかを選ぶことになるのは、愛知県に限らず日本全国で共通する項目です。ここではどのような車を中古車と呼ぶのか、その定義を見ていきます。

軽自動車に限らず車の場合、新車は「受注生産」が基本です。しかし、個人や企業、その他の組織などによって一度でも所有されたものが市場に出た場合、これを中古車と呼びます。

レンタカーなどで利用されていたものや、個人が運転していた車が買い替えなどの理由で一度売却され、中古車ディーラーなどで売りに出されているものがイメージしやすいでしょう。

愛知県でもそうですが、こういった中古の軽自動車は製造年がやや古めのものや、走行距離が多めのものがほとんどです。その分、車検までの期間が短い、故障の危険性があるなどのデメリットがあります。

その一方で、新車と比べるとかなり価格が安いことや、幅広い車種の中から選べるといったメリットもあるので、なるべくお金をかけずに軽自動車がほしいという人にはおすすめです。

愛知の未使用軽自動車店が教える!新車と未使用車の違い・それぞれの定義とは?

AとBの旗を比べる人

そもそも未使用の中古車とはどのようなものなのでしょうか。一般的な中古車とは具体的にどのような違いがあるのか、さらに未使用の中古車を選ぶメリットを解説します。

まず、新車の定義は、一般的に購入者が注文した後に製造され、ナンバーの登録後に納車される車を指します。一方で未使用の中古車は、ディーラーや中古車業者などの車販売業者が事前に購入し、陸運局でナンバーの登録・交付を受けた車のことです。「登録済未使用車」や「未使用車」とも呼ばれています。「一度登録を行った」車なので中古車には含まれますが、一度も使われていない状態です。

自動車メーカーとディーラー・販売店は別会社であることも少なくありません。このような関係の場合、ディーラー側は売上金額と登録台数の両方に責任を持つことがほとんどです。

自動車メーカー側からは一定以上の実績を挙げたディーラーに対して、「報奨金」などの形でインセンティブを渡すことが通例化しています。ディーラーは、この実績を達成するために自社で登録をしたり、利益をあまり考えずに中古車販売店に売ったりなどのケースが多いようです。

このような流れで、「一度登録は行ったが一度も使われていない」状態の「未使用車」が誕生します。

愛知県でも未使用車が多く出回っていますが、未使用車のメリットは、新車よりも安い価格で販売されていることと、登録済みなのですぐ納車できることです。愛知で軽自動車の購入を検討されている方は、未使用車専門店のminic【ミニック】へぜひご相談ください。

愛知で未使用軽自動車をお探しならminic【ミニック】へ!

軽自動車の購入を考える場合、新車を購入するのか、それとも中古車や未使用車にするのかなど、自分の予算や状況などに合わせて選ぶことが大切です。同時に、価格以外にもサービス内容や保証期間など、様々なポイントから販売店を選びましょう。

愛知県一宮市にあるminic【ミニック】では、豊富な車種の登録済未使用車を格安でご用意しています。愛知県で未使用車をお探しの際は、ぜひご利用ください。

愛知で軽自動車の未使用車をお探しの方はminic【ミニック】へ

店舗名 軽未使用車専門店 ミニック
住所 〒491-0364 愛知県一宮市萩原町中島字明屋敷34
電話番号 0586-69-3543
FAX 0586-69-3541
URL https://www.minic329.jp/
営業時間 平日/祝祭日:10:00~19:00
定休日 毎週水曜日
古物商登録番号 愛知県公安委員会 古物商許可証番号 第1012号

ページの上部へ戻る