新古車(中古車)の耐用年数はどうやって求める?自動車取得税はかかるの?

中古車には少し抵抗があるということで、新古車にあたる中古車、いわゆる未使用車をお探しの方も多いでしょう。そこでこちらでは、新古車(中古車)を購入しようとお考えの方向けに、耐用年数の求め方と自動車取得税について解説します。

新古車(中古車)の耐用年数を求める方法

新古車(中古車)の耐用年数を求める方法

新古車(中古車)は中古車に分類されるため、中古車の耐用年数の計算方法で求めます。

計算方法は、法定耐用年数を経過している場合と法定耐用年数を一部経過している場合で異なります。新車の場合、普通自動車の法定耐用年数は6年、軽自動車は4年です。

これを基準に、新車登録時からどのくらい法定耐用年数を消化しているかを求めます。なお、算出した耐用年数に1年未満の端数が出る場合は切り捨て、2年以内の場合は2年と考えます。

  • 法定耐用年数を経過している場合:法定耐用年数×20%=耐用年数
  • 法定耐用年数を一部経過している場合:法定耐用年数-経過年数+経過年数×20%=耐用年数

新古車(中古車)にかかる自動車取得税

新古車(中古車)にかかる自動車取得税

新古車(中古車)の購入に際して発生する税金についても、把握しておくことが大切です。新車でも中古車でも、自動車を取得する際に発生する税金の一つに「自動車取得税」があります。

ただし、自動車の取得価格が50万円以下の場合には自動車取得税はかかりません。50万円以上の新古車(中古車)を購入した場合の自動車取得税は、以下の計算式で求められます。

  • 課税標準基準額×残価率=取得価額(1,000円未満切り捨て)
  • 取得価額×自動車取得税率=自動車取得税額

新古車(中古車)はほぼ新車でありながら、お買い得な車だといえます。愛知県一宮市にあるminicでは、登録済未使用車を豊富に取り揃えています。未使用車専門店として全メーカーを取り揃え、総在庫300台を抱えていますので、愛知県一宮市を中心に稲沢市などで人気の未使用車をお探しでしたら、ぜひお越しください。愛知県の尾張エリア最大級の登録済未使用車専門店として、お客様のニーズにできる限りお応えします。

新古車を愛知でお探しなら軽自動車を全メーカー取り揃えているminicへ

店舗名
軽未使用車専門店 ミニック
住所
〒491-0364 愛知県一宮市萩原町中島明屋敷34
電話番号
0586-69-3543
FAX
0586-69-3541
URL
https://www.minic329.jp/
営業時間
平日/祝祭日:10:00~19:00
定休日
毎週水曜日
古物商登録番号
愛知県公安委員会 古物商許可証番号 第1012号

ページの上部へ戻る